福井

あわら病院

あわら病院には内科/神経内科/呼吸器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/皮膚科/眼科/リウマチ科/リハビリテーション科があります。看護師は98人籍を置いています。業務が滞りなく回るよう、看護師は助け合っています。子どもを持つナースに欠かせない保育所はありません。周りの託児所についても同時に聞いてみましょう。

レイクヒルズ美方病院

レイクヒルズ美方病院内では、近隣住民に頼られる医療機関を目指し、近接性を大切にした医療を実行しています。看護部では、27名のナースが看護しています。患者1人1人の気持ちを考えた優しく、十分な医療を進めます。日本医療機能評価機構より医療評価を受けています。日々、医療の質の向上を考え、医療スタッフが皆、質の高い医療に励んでいます。

福井県こども療育センター

福井県こども療育センターのスタッフは25人働いており、ナース以外の院内スタッフとのチームワークも忘れません。日本医療機能評価機構からの医療的な評価を受けています。看護の質の高い看護に励んでいます。

杉田玄白記念公立小浜病院

杉田玄白記念公立小浜病院には、456床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が456床設けられています。治療を要する患者の精神的なサポートも忘れません。1日に入院する患者は323人に及びます。入院中の患者に対し、看護師の人格を重視した看護を心がけています。看護師は252人在籍していおり、看護の仕事がスムーズに成り立つよう、看護師は助け合っています。

市立敦賀病院

市立敦賀病院の診療科目は、内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/小児科/精神科/外科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/救急科/歯科口腔外科が設けられています。病床は332床で、ぬくもりを感じる看護を提供しています。看護部では、229人の看護師が活躍しており、ブランクのあるナースも看護歴の短いナースも全力を尽くして看護業務をしています。保険医療機関/国保療養取扱機関/労災指定/母体保護法指定医療機関/生活保護法指定医療機関/養育医療指定医療機関/身体障害者福祉法指定医療機関/結核指定医療機関/児童福祉法指定療育育成医療機関/被爆者一般疾病医療機関/救急告示病院/第二次救急病院群輪番制病院/洋上救急協力医療機関/日本赤十字社常備救護班/労働者災害補償保険法に基づくアフターケア指定医療機関の指定を受けた医療施設であり、厚生労働省から指定された医療に対して必要な医療を進めています。

坂井市立三国病院

坂井市立三国病院は、福井県坂井市三国町中央一丁目2番34号に位置します。105床の病床を保持し、治療を受ける側とナースとの間が近い看護を提供しています。1日の入院患者数は75名で、入院患者が安心して入院できる設備を整備しています。

公立丹南病院

公立丹南病院の職員は210人活躍しています。看護師以外の職員と助け合うことも忘れません。日本医療機能評価機構による医療評価を受けていません。質が良い医療を提供しています。

越前町国民健康保険織田病院

越前町国民健康保険織田病院では、近隣の方々に信用される医療機関を目標としています。近接性を重んじた医療を行っています。越前町国民健康保険織田病院では看護師は32名、在籍しています。緊張感のある医療の現場でも心あるナースステーション作りを目指しています。外来患者数は148名に及びます。医療機関が不可欠な患者へ納得の行く医療を実施してます。

嶋田病院

嶋田病院の病床は130床あり、治療を目的とした患者が納得のいく医療に当れるよう、最善を尽くしています。看護部では、治療を必要とする者が満足する看護が実現できるよう、効率の良い10:1を使っています。0を進めています。医療スタッフの連携プレイで、最先端技術をフル活用した手術を行っています。

福井県立病院

福井県立病院には、1020床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。1020床完備されており、治療が必要な患者の精神的なサポートも重視しています。看護体系は10:1で看護にあたっており、看護師は患者の多くの症例に合わせて、臨機応変に活躍できるよう努めています。1日の入院患者は815名おり、入院をする患者のQOLの向上に気を配った看護を行っています。

福井県済生会病院

福井県済生会病院は、福井県福井市和田中町舟橋7-1に位置します。466床の病床を完備しており、患者とナースとの壁がない看護を実施しています。1日の外来患者の数は1284人になります。治療からこの他の総合的な看護もも忘れません。

福井赤十字病院

福井赤十字病院内では、周辺の住民に信頼を置かれる医療機関を担えるよう、近接性を考えた医療を志しています。看護部では働きやすい変則2交替を採用しています。看護師が勤めやすい環境作りに努めています。多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術に関する先進医療を実施しています。執刀医、オペ室の看護師や医療機器の整備にも力を入れています。